ポラスの魅力

一生涯を通じて、いつでも相談できる
身近な存在。
ポラスの歴史は、中央住宅の歴史。
その誇りを胸に、100年を目指しています。

1969年。「自分がユーザーの代表となって、住宅会社を作りたい」という「想い」を持つ創業者・中内俊三によって、現在の中央住宅の基礎となる(有)中央住宅社が設立されました。その理念は「顧客第一主義」。どうしたらお客様のニーズを先取りできるかを常に考え、「一貫施工体制」や「自社での大工育成」など、それまでなかった新しい取り組みを、次々に形にしてきました。その誇りを胸に、ポラスグループは100年をめざして歩み続けます。

自分だけの家が見つかる

1-1

天井高

明るくて広々とした住まい

「子どもにはのびのびと育ってほしい」
そんな想いをかなえる工夫がいっぱい

開放感あるリビング天井高2.7m

ポラスの天井高は標準的な住宅と30㎝違う2.7mの天井高を
標準装備しています。

天井が高いことで実現するサッシ高2.2m

サッシ高が2.2mと高く取ることで、高い遮光性を実現。

1-2

ポラスの設計

デザインされた家

同じ住宅ではない、
1邸1邸のフォルムも間取りも
個性豊かなデザインデザイン

考えられた外観デザイン

コンセプトに合わせた外観デザインの組み合わせで、
隣家とは違うデザインを実現

住む人を考えた設計

隣家の窓が近くならないように生活までを考えた
設計を実施

こだわりがつまった内観デザイン

過ごす時間が多いリビングはふれあいが多くなるように
デザインしています。

一体感が生まれる開放的なキッチン

家事をしていても家族と繋がれるように
様々なキッチンを用意しています。

1-3

グッドデザイン賞

高評価されるデザイン力

GOOD DESIGN AWARD

商品開発、施工技術、人材育成、街づくりといった多彩な分野で「グッドデザイン賞」を19年連続受賞。通算受賞点数は63点となり、住宅や街づくり以外にも建築工法の研究開発を重ねた成果が実っています。公的な評価に裏付けられたポラスの総合力が注がれています。

1-4

地域密着

地元を愛する企業力

地域密着して集めた8.6万件以上
(2021年12月現在)のデータが
家づくりを支える

なぜ地域密着なのか?

ポラスでは、創業から一貫して地域密着型経営を基本とし、主要拠点から車で1時間程度で駆けつけられるエリアにあえて限定し事業を展開。創業以来、顧客第一主義をモットーとし、お客様の立場に立って、きめ細やかなサービスをご提供しています。

つくっているのは家だけじゃない

2-1

ポラスの街並み

家と街をつくり
コミュニティーを育む

地域のランドマークとなる
美しい景観の街並みをデザイン

地域に根差した街づくり

街区計画と外観デザイン、植栽計画が一体となった街づくりは経年美化も意識した街並み

人と季節が行き交うフットパス

回遊用の歩行者専用道路を彩る花や緑 は季節ごとに違った表情を見せ、
行き交 う人々のコミュニケーションスポット

人も車も安心の 道路設計

緩やかにカーブさせた道路や歩行者専用の道路により
安全に配慮した街づくり

2-2

プレカット工場

素材からつくるこだわり

骨組みを強くするためには
精度の高い木材カット技術が重要

加工実績日本一
日本の住宅を支える
ポラスのプレカット工場

日本最大級の自社プレカット工場においてコンピュータを使って正確に加工された構造材を使用。最先端の技術に高精度の仕口と曲面加工により、地震などの影響を受けやすい接合部の強度を大幅に向上させます。自社だけでなく住宅業界全体の品質を支えていると言っても過言ではありません。

  • 1

    建築の世界に 精密機器の精度を

    ポラスのプレカット誕生のきっかけは、3ミリにこだわる お客様からのクレーム

  • 2

    約9割を 同業他社に出荷

    日本の住宅産業の常識をつくりあげたポラスの高精度な加工技術

  • 3

    一流の大工も かなわない工期と精度

    全自動プレカット加工機を導入すると、その精度と効率性は著しく向上する。刻みの誤差は±0.5mm範囲。

2-3

育成

大工の育成

高い耐震性を生み出すには
正確に緻密に組み立てる技術が必要

家づくりは、
人づくりから
ポラスの人材育成

ポラス建築技術訓練校では、多様なカリキュラムに従って社員として家をつくるための最新の知識・技能を学びます。材料が同じでも、家を建てる人が正しく理解して組み付けられなければ設計通りの性能は発揮できません。だからこそ、自社の工法を知り尽くした大工の育成が欠かせないのです。

  • 1

    家を1棟建てるのには、 25種類の釘、 ビス1万以上が必要

    設計通りの性能を発揮するには、自社の工法を知りつくした大工の育成が欠かせない

  • 2

    独自の素材・工法・構造に 対応できる大工

    経験や勘に頼らず、プレカット等の新しい工法・技術開発に対応でき、かつ施工精度の高い技能者の育成を行う

  • 3

    優秀施工者国土交通大臣 顕彰など 各方面から表彰

    他に、ものづくりにおける青年技能者レベルを競う「技能五輪全国大会」建築大工部門で11年連続入賞

弱点のない設計

3-1

構造計算

弱点のない設計

ポラスでは基礎から構造まで一貫した立体解析を全棟で実施。 家全体の力の伝わり方を把握することで、適切な位置に、必要な部材を配置。

地震や台風に耐える建物の強さを計算

この計算結果から、基礎構造における断面や配筋、柱や梁の大きさ、耐力壁の量や配置を決めます

2階建て以下の木造住宅は
法律で義務付けられていない

現行の建築基準法では、「壁量計算」などの簡易な計算と「仕様規定」に定められた構造安全性を確認すれば確認申請が通ります

1. 構造計算を行わない場合

こうした耐力壁の配置でも、建築基準法では壁量が基準を満たしているので、許可は得られます

2. 構造計算を行った場合

同じ壁量でも、どの方向からの揺れにも強い「バランス」が求められるため、このように改善されます

「壁量計算」「仕様規定」のみで建てた家は?

部材1点1点まで強度の検討がされないため、耐震性や家全体のバランスに不安が残る

メーカー独自の「型式認定」を採用した家は?

独自のルールが多く間取りの自由度が低い

3-2

WOOD INNOVATOR NEXT

安心の見える化

ポラスの地震に強い分譲住宅では、“建つ前”から大地震を想定した3Dシミュレーションを行うことで、デザインと耐震を高い次元で両立させることが可能になりました。ウッド・イノベーターNEXTで、一邸一邸の耐震の見える化を実施しています。

家を3Dで正確に作成

図面をもとに、柱・梁・体力壁・金物などを正確に配置し許容応力度計算を実施。建てる前に家の強度を多角的に検証します。

「倒壊シミュレーション」を実施

被災時に損傷し強度を失う箇所を分析することで、補強が必要な部分を明確に割り出します。

耐力壁、金物を追加して再検討

建物が倒壊せず、構造部材が壊れなくなるまでシュミレーションを実施。耐力壁、金物を追加する際、「オリジナル耐力壁・金物」を使い、プランを変えずに対応。

3-3

地盤調査

徹底した地盤データ

創業以降、徹底して地域密着にこだわってきたポラスは、施工エリアの地盤データを熟知。これまでに8.3万件以上(2021年3月現在)の詳細なデータを蓄積してきました。家を支える地盤を整え、構造的に強い家を組み立てる。この2つの軸のおかげで、本当の意味での「地震に強い、安全な家」がつくれるようになったのです。

  • 1

    自社専門スタッフが 一邸一邸調査

    地盤の特性に合わせた改良工事を豊富な経験を活かし提案

  • 2

    地盤改良工事

    お客様にご納得いただいた上で施行後も、現場や記録書をチェックする体制を強化

  • 3

    事前調査

    地震や水害に対するリスクを理解するために、徹底的に調べます

お客様の安心のために

4-1

アフターサービス

困りごとをいつでも話せる

何かあったときには気軽に相談できて、
プロがすぐに駆け付ける

あなたの心配を24時間見守っています

お客様の住宅の困りごとやお問い合わせをいつでも対応できるよう、電話受付を24時間365日体制で実施。また、お問い合わせによる貴重なご意見を元に商品開発や、社員教育も行なっております。

任せられる安心

お家のメンテナンスやトラブルの解消など、お客様の目線に立って、本当に必要としているサポートをご用意。ご入居後も安心して暮らしていただける体制を整えています。

知識豊富な自社の専門社員

ポラスの住宅を知り尽くしている自社社員が対応するので安心です。
些細な不具合でもしっかり対応します。

4-2

オリコン顧客度満足

地域とお客様に貢献し続ける

お客様が末永く安心して暮らせる暮らしづくりを目指します

2019、2020、2021、2022年 オリコン顧客満足度®調査
建売住宅 ビルダー 首都圏 第1位

オリコン顧客満足度調査
「建売住宅 ビルダー 首都圏」

4年連続
総合1位受賞!

地域を知り尽くし、より良い住まいづくりを目指したことで、
お客様よりご支持をいただけました。
ポラスグループの中央住宅はお客様に満足いただける分譲住宅を提供しています。

だからポラスは
15年連続 No.1

ポラスグループは、以下の地区の住宅販売において、おかげさまで総合部門で第1位に認定(※1)されました。ポラスグループは、15年連続「住宅販売総合部門 No.1」(3商圏:さいたま市・越谷・柏)を獲得しています。また船橋商圏では総合部門で初認定となり、全部で4商圏のNo.1を獲得できました。(2022全国No.1ホームビルダー大全集より)これは、ポラスグループがこの地域・風土に合った街づくり・暮らしづくりをしてきたことが、お客様のご支持を頂けた証と受け取っております。今後とも皆様の暮らしに役立つ企業として邁進してまいります。

商圏別No.1

さいたま市商園
対象地区:さいたま市浦和区、大宮区、中央区、北区、西区、 見沼区、岩槻区、緑区、南区、桜区
越谷商園
対象地区:春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市
柏商園
対象地区:松戸市、柏市、流山市、野田市、我孫子市
船橋商圏
対象地区:市川市、船橋市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、浦安市

地区別No.1

埼玉県内
さいたま市西区、さいたま市見沼区、さいたま市緑区、
さいたま市岩槻区、川口市、戸田市、草加市、越谷市、志木市、杉戸町
千葉県内
柏市、流山市、鎌ケ谷市

※1 2020年度実績、住宅産業研究所調べ(2022年認定) 総合部門とは、マンションを除く分譲住宅、注文住宅、貸家の建築確認許可戸数の合計ランキングのことを示します。