ポラス【中央住宅・POLUS】の分譲住宅! 東京・埼玉・千葉の新築一戸建てならポラスグループへ!

桶川市特集 江戸時代は中山道の宿場町として栄えた紅花の里

桶川宿本陣

桶川宿本陣

中山道の宿場町として発展、紅花の街としても知られる

埼玉県の中央部に位置する桶川市は上尾市、北本市、鴻巣市、蓮田市、久喜市、北足立郡伊奈町、比企郡川島町に隣接しています。江戸時代には江戸から10里、近隣からの農産物の集散地という地の利を得て、中山道の宿場町として栄えました。近年は再開発など都市インフラ整備が進み、成長を遂げました。江戸時代には桶川市周辺で紅花の栽培が盛んに行われ、「桶川臙脂(おけがわえんじ)」として全国的に知られていました。

ベニバナウォーク桶川

ベニバナウォーク桶川

城山公園

城山公園

大規模ショッピングセンターや大型公園が充実

「桶川」駅の西にある大規模ショッピングセンター「ベニバナウォーク桶川」をはじめ、「桶川」駅前の「おけがわマイン」など桶川市内にはショッピング施設が多く、身近で買い物を楽しめます。バーベキューや水遊びが楽しめる「城山公園」、アスレチック遊具が人気の「桶川市子ども公園わんぱく村」など公園が多いことも特徴で、休日のお出かけ先も豊富です。

主要アクセス

「桶川」駅

「桶川」駅

東京方面へダイレクトアクセス可能

「桶川」駅にはJR高崎線とJR湘南新宿ラインが停車します。2015(平成27)年よりJR高崎線はJR上野東京ラインを経由して、JR東海道線と直通運転が行われるようになり、「東京」駅まで約54分でダイレクトアクセスできるようになりました。JR湘南新宿ラインを利用すれば、「池袋」駅へ40分、「新宿」駅へ46分、「渋谷」駅にも50分でダイレクトアクセスできます。

べにばなGO

べにばなGO

新幹線利用や「羽田空港」行き直通バスで旅行も快適

JR高崎線、JR湘南新宿ラインで「桶川」駅から4駅目の「大宮」駅では東北・北海道新幹線、上越・北陸新幹線に乗り換え可能で、東北、北海道、信越、北陸方面にもスムーズにアクセスできます。2016(平成28)年からは「桶川」駅前から「羽田空港」への直通バスが誕生し、飛行機を使った旅行も便利になりました。桶川市内には循環バス「べにばなGO」があり、市内の移動も便利です。

国道17号上尾道路

国道17号上尾道路

圏央道で各高速道路へのアクセスがスムーズ

市内には国道17号が通り、自動車での移動もスムーズです。2016(平成28)年には国道17号上尾道路が開通し、さいたま市や東京方面への移動がさらに便利になりました。2015(平成27)年には圏央道の「桶川北本」・「桶川加納」ICが開通し、東北自動車道や関越自動車道など接続する各高速道路にも短時間でアクセスできます。

暮らしの情報

image photo

image photo

市内に6か所の子育て支援拠点

桶川市では「子育て支援センター」を2か所設けているほか、児童館と子育てサロンを合わせて子育て支援拠点が6か所あり、親子の交流の場を提供するほか、子育てに関する相談を受け付けています。これらの子育て支援拠点は就学前の子どもの遊び場となるほか、保護者どうしの出会いの場としても人気を集めています。

image photo

image photo

高等学校が2校あり、通学に便利

市内には小学校が7校、中学校が4校あります。なかでも「桶川市立加納小学校」は桶川市内で最も長い歴史を誇る小学校で、1873(明治6)年に開校した「坂田学校」をルーツとしています。桶川市内には高等学校も「埼玉県立桶川高等学校」と「埼玉県立桶川西高等学校」の2校があります。

image photo

image photo

桶川市の医療を担う「埼玉県央病院」

医療の拠点として機能している病院が、「桶川」駅の北、国道17号沿いにある「埼玉県央病院」です。この病院は1988(昭和63)年に「桶川坂田病院」として開院し、1999(平成11)年から「埼玉県央病院」という病院名に改められました。内科や外科・乳腺外科などのほか、専門医療施設として「腎・泌尿器センター」を設けています。

ポラスのメールマガジンご登録で、3つの特典をご利用いただけます
  1. 新着物件をいち早くお届け
  2. 登録者限定で優先申込あり
  3. お得なキャンペーン・セミナー情報満載
メルマガに登録する(無料)
各営業所では未公開物件をご紹介中。物件選びから住宅ローンまでご相談ください。 ポラスの営業所はこちら