ポラス【中央住宅・POLUS】の分譲住宅! 東京・埼玉・千葉の新築一戸建てならポラスグループへ!

150年もの間、志木の街を見守り続ける「田子山富士」 ~志木市~

志木市商工会会長・田子山富士保存会会長が語る、志木の街の魅力とは

~今回、お話しいただいた方~
志木市商工会会長・田子山富士保存会会長 清水良介さん
明治40(1907)年からいろは商店街で続いている、「清水商店」という店の3代目であり、平成21(2009)年から商工会の会長も担う清水さん。また、地域から愛される「田子山富士」を守る活動をしているのが、地元の商工会をはじめ有志で組織された「田子山富士保存会」の人々で、この田子富士保存会の会長も務めているそう。そんな清水さんに、志木市の街の魅力についてお話を伺った。

この街の魅力、おすすめのポイント

――ふだん暮らしている中で、特に利便性や、安心・安全を感じるのはどんな場面でしょうか?

清水さん:志木市の魅力を語る上で欠かせないのは、交通アクセスの良さでしょう。都内へのアクセスも非常に便利ですし、ご存知の通り、小さな市なので、(市内の)交通の便も非常にいいです。私は本町の大通りに住んでいますけれども、バスはひっきりなしに走っていますし、駅までの道もだいたい平坦です。通勤するにも、通学するにも、交通の面では非常に便利なところだと思います。
それから買い物利便も充実しています。駅前(志木駅)にはマルイもあるので、百貨店定番のファッションブランドをはじめ、旬のアイテムも都内へ行かずに揃いますし、私が会長を務める「志木市いろは商店会」という昔ながらの商店街には、青果店や精肉店など約50店舗の商店が並んでいますので、日々の買い物も選択肢がいっぱいです。 あと、「治安がいい」というのももちろんありますね。今は天災などもいろいろと多いですけれど、志木はそういったものに対しても、結構強いです。土地の特徴がそうなんでしょうね。

――志木にはどのようなイベントがあるのでしょうか?

清水さん:まず、この神社がいちばん賑わうのはお正月でして、沢山の方が初詣に来られますので、参道にずっと人が並んでしまうということが、年始の3日間ほど続きます。この時には田子山の上まで登られる方も多いですね。 初詣の次に賑わうのは、夏祭り(敷島神社祭典)の時ですね。夏祭りは7月下旬の土日に2日間、お神輿を出して開催されますが、この時には本当に、志木の街の中も、神社の境内も、身動きがとれないくらいに賑わいます。
親水公園で色々と催しを行う「春のいろは親水公園まつり」や、農産物の販売や、様々な売店を出したり、警察音楽隊の演奏、民踊や太鼓などのステージなどの催しを行う「志木市民まつり」も、非常に沢山の人が来られます。 田子富士独自のイベントとしては、先ほどもお話しした「山開き」「山じまい」が恒例の大きな行事で、山開き前の6月30日にも、「輪くぐり」といって、半年の息災を願う行事を行っています。
そのほかも志木には、地域ごとにいろいろお祭りがありますから、「志木に行くと何かしらやっているな」ということは、外の方からもよく言われます。地域の住人が集まる場が定期的にあることが、人と人との繋がりを自然に生み出し、良い人間関係を構築できている理由の一つかと思います。

――志木の街や商店街の「おすすめスポット」を教えてください!

清水さん:志木新河岸川の川沿いですね。時々、土手のほうに行ったりしますけれども、季節感も感じるので、いいですね。志木の市役所の前の橋を渡り、そこから右に入って土手伝いに行くと親水公園があります。その先で赤い橋を渡って戻ってくると、ちょうどこの田子山富士の下くらいに来るのですが、このコースはおすすめです。桜の時期にはこの一帯が桜のトンネルとなって、市内有数の花見スポットとなりますし。散歩をしている人も多く、老若男女問わず憩いのスポットとなっています。
商店街のお店については、私どもはだいたい、(商工会などの)会が終わった後に、先輩がやっている「江戸道茶屋」というお店で飲むのですが、そこはお魚も旨いし、ゆっくりできて、いい店だと思います。あとは、夏で贅沢しようかと思ったら、宗岡の「鯉清」さんですね。ここはうなぎ屋さんなんだけれど、わりと近郊からも来る人も多いお店です。うなぎや鯉こくがいいですね。老舗のお店で、もう140年くらい続いているらしいですよ。市民の人からも親しまれているお店です。
それから、志木はうどん屋さんが多くて、何か宴会があれば最後は必ずうどんで締めるという風習もあるのですが、うどん屋さんの中では「丸金」さんがおすすめです。手打ちのうどんで、カレーうどんも美味しいですし、お団子も売っています。

地域の人々から愛された「田子山富士」

――「田子山富士」の概要と、保存会の普段の活動内容について教えてください

清水さん:田子山富士があるのは、新河岸川にほど近い敷島神社の境内の一角で、高さ9メートルほどになります。この地に150年近くも前に造られたものです。保存会の活動は、7月あたまの「山びらき」、そのあと8月の終わりの「山じまい」といった行事もやっていますし、大安と友引の日には入山ができますので、参拝者の案内もしています。また、環境の部会では、年に3回ほど富士の掃除を行っていまして、この掃除の時には、保存会以外の人にも参加をいただいていまして、本当に多くの人たちの協力があってきれいに保たれています。

――田子山富士と地元の皆さんには、昔から深い関係があったそうですね

清水さん:修理のご依頼も沢山ありまして、例えば神社で20年くらい使っている提灯は、提灯の上下の桶のような部分と、手に持つ「弓」と言われる部分は丈夫なのでそのまま使って、交換するのは基本的に火袋(胴部分)の部分だけになります。この部分の紙を新しいものに交換して、油を引いて防水をするという作業で、時には100年くらい前のものが(修理に)帰ってくることもあるんですよ。
また、田子山富士は東北の大震災で崩れた部分がありましたから、寄付を募ってその修繕をしました。ちょうどその頃、市と県の文化財(埼玉県有形民俗文化財・志木市有名民俗文化財)に指定された関係もあって、全体の費用の半分を県に、4分の1を市に補助していただいて、残りの4分の1の金額の寄付を募ったんです。 この富士山については登ったり、まわりで遊んだりといった場所だったそうで、寄付の時にも「それならば」ということで、たくさんの方々から寄付を頂きました。 目標額の600万から700万という金額に対して、お陰さまで1800万円ほど集まりまして、この数字も、田子山富士に愛着をもっている人がいかに多いかを表しているのかな、と思います。
敷島神社についても、神社があってその中に富士山を作ったのではなく、富士山を作った後にこの神社ができたというものですので、あくまでも富士山が中心なんです。

――これからの保存会・商工会の活動で、大事にしていきたいことは何ですか?

清水さん:志木ではひとつ何かが終わると、もう、「次は何があるの?」といった感じで、いろんなイベントがありますし、そこに関わる団体や市民の皆さんも参加意欲がすごく高いので、そういう点は志木の街の特徴だと思いますし、いいところかな、と感じています。
これまで志木は「観光と呼べる要素がほとんど無い」と言われてきたんですが、決してそういうことではないと思うんですよ。この田子山富士という、立派な、昔からある場所がありますから、保存会の活動を通してそれを広く、市民はもちろんほかの方にも広めて、それを機に、商工会としても、街づくりや観光、物産の開発などにもつなげていきたいと思っています。
私は75年ここに住んでいますけれども、友人の中には当然、外に出ていった人たちもいるわけです。でも、イベントの時には必ず帰ってくるという人がけっこういるんですね。自分たちが(子どもの頃に)見たものを、子どもさんとかお孫さんにも見せてあげたい、ということなんでしょうね。 やはりそういった意味で、志木という街は「愛着を持てる街」ということだと思いますし、それに応えるために、われわれも、ひとつのイベントをやるのは本当に大変なことなんですけれども、ずっと受け継いでいるわけです。そういったところも伝統にしていきたいですね。

保存会の今後の展望と街への想い

――今後この街をこうしていきたい、という抱負があれば教えてください。

清水さん:志木には、(街のキャラクターの)河童グッズはいくらか出てきていますが、田子山のほうはあまり無いので、作っていきたいですね。また、イベントをもう少し簡素化して、なるべく経費や人手をかけないように工夫していきたいです。今は大勢の人が来てくれるのですが、準備する商店街が人手不足になってきているという課題もあります。そういう課題をうまく解決しながら、若い人も参加してくれて、長く続けられるような仕組みづくりを進めていきたいですね。

――最後に、これから志木に住みたいという方に向けてメッセージをお願いします!

清水さん:これから志木に住まわれる方には、ぜひ、地元の人たちとのコミュニケーションを図ってもらいたいですし、その方法として、町内会に入ることもおすすめします(笑)。ぜひ町内会に入ってもらって、まわりの人達と一緒に、いろんな活動をしてもらいたいな、と思います。
あとは、街を歩いてみてほしいですね。歩くことで、志木のいろんな発見をしてもらえると思います。いま、志木市内には23か所に河童の像があるので、商店会でそれを巡るツアーなども企画していますし、まずはそういったところに気軽に参加していただき、志木の街を歩いて、商店街のお店にも寄っていただきながら、志木の良さを発見してもらいたいな、と思います。

※記事内容は2018(平成30)年11月時点の情報で、今後変更となる場合がございます。

記事内でご紹介したスポット

  • ・丸金
  • ・鯉清
  • ・田子山富士
  • ・江戸道茶屋
  • ・敷島神社
  • 志木市本町1-5-6
  • 志木市上宗岡2-15-53
  • 志木市本町2-9-7
  • 志木市本町3-2-11
  • 志木市本町2-9-40
ポラスのメールマガジンご登録で、3つの特典をご利用いただけます
  1. 新着物件をいち早くお届け
  2. 登録者限定で優先申込あり
  3. お得なキャンペーン・セミナー情報満載
メルマガに登録する(無料)
各営業所では未公開物件をご紹介中。物件選びから住宅ローンまでご相談ください。 ポラスの営業所はこちら